「じろー」の日常&種々雑感
by jiro_san
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
自己紹介

ハンドルネーム:じろー
生息地:広島市
職業(表)
 :医療・福祉系企業
職種(表)
 :事務員
職業(裏)
 :ミュージシャン
職種(裏)
 :ベーシスト


ツッコミ(コメント)要領

それぞれの投稿に積極的にツッコミ(コメント)を入れてください。
ルールは2つのみ。
1.じろーの戸籍上の名前は書かない
2.誹謗中傷は書かない

くれぐれもお気をつけください。おねがいします。また、掲示板
じろー所有の落書帳
にもぜひ足跡をつけてください。
こちらも、同様のルールです。


文章・画像について

ここに書いてある文章・画像の著作権は「じろー」にあります。画像も許可を得て掲載しております。無断転用はしないようにお願いします。
ライフログ

ジェリー・マリガン・クァルテット イン・コンサート


イパネマの娘


三月の水


CELLO SUITE 1.2.3.


Crystal Scenery


パターンズ・イン・ジャズ

その他のジャンル

カテゴリ:反核・平和について( 59 )

今年も8月6日がやってきた…

■「核兵器は廃絶されることにだけ意味がある」という真理
a0000559_2248298.jpg

4年連続の平和記念式典への参列です。
今年の8月6日は水曜日で本来はお仕事だったのですが、私的な用事もあったので休日出勤の代休をあてて、仕事を休んで参列しました。
じろー(´▽`)エライ

また今年も、式典が始まる前からものすごい人の多さです。
(@Д@;)キュー
広島市民はもちろん、全国各地の平和を求めて活動している人や、外国人(と思われる人)もけっこういらしていました。
なお、平和公園内外のいろいろなところに、市民が集まって、それぞれの8時15分を迎えようとしているのです。
(´−`)

式典が開始されて演奏される、あの荘厳な曲をバックにいろいろな人が献花をされます。

そして8時15分、平和の鐘が鳴り響く中、黙祷をささげました。
(´-`)

続いて、秋葉忠利広島市長による平和宣言…(記事の続きはこちら)
[PR]
by jiro_san | 2008-08-06 12:38 | 反核・平和について

自衛隊のイラク派遣は憲法違反という判断!!

※コメントへのレスは記事の一番下です

■司法はまだ死んでいなかった!!
自衛隊のイラク派遣は憲法違反として、約千百人が、派遣の差し止めや慰謝料を国に求めた訴訟の控訴審判決で名古屋高裁は十七日、
「航空自衛隊の空輸活動は憲法九条に違反する。多国籍軍の武装兵員を戦闘地域に空輸するものについては武力行使と一体化した行動」

として、空自のイラクでの活動は違憲との判断を示した。自衛隊のイラク派遣に対する違憲判断は初めて。

(引用元の記事は後述)

∩(´∀`∩)ワショーイ

これは画期的な判決です。自衛隊のイラク派遣は憲法違反だという初めての判断が出たのです。
ε- (゚¬゚) ニャムー

そういえば、4年前に当時の内閣総理大臣が「非戦闘地域かどうか、そんなこと私にわかるわけない」という無責任すぎる答弁をしていたことを思い出しました。

普通に考えても、多国籍軍による掃討作戦が行われるようなところが、非戦闘地域なわけがないのです。
(´_`)。。o0(実際にドンパチしているんだし…)

そこに事実上の「軍隊」にまでなってしまった自衛隊を‘派兵’していると同様であり、多国籍軍の支援をしている時点で、武力行使の片棒を担いでいることになるのです。
(´_`)。。o0(攻撃されているイラクの人から見たら、みんな敵にしか見えないはずだし…)

昨日書いた植草さんの不当判決などを見ていると、司法はここまで腐ってしまったのかと思っていたのですが、
政府当局からの見えない圧力(露骨な圧力もあるかも…)にもまけず、冷静に事実関係から法的な判断を行う裁判官も存在しているんですね。
( 癶∀癶)

この記事の続きはこちら…
[PR]
by jiro_san | 2008-04-17 23:07 | 反核・平和について

新しい原爆症の認定基準が公表されたのですが…

■これまでの集団訴訟の原告を補償する内容にどうして出来ないの?
昨日、厚生労働省は新しい原爆症認定基準を発表しました。

以前の認定基準よりは、例えば「原因確立」の廃止など改善はされているのですが、それでも訴訟の原告のうち認定されない人がだいぶ出てくるそうなのです。
(・ε・)プップクプー

放射能の人体への影響は、未だに未知数な部分があり、今後も何が起こりゆるかもわかりません。
原爆症認定集団訴訟の判決に示された内容をもっと真摯に受け止め、
ヒバクシャへの補償という観点からも、幅広い認定基準にするべきなのです。
ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

じろーはこれまで何度も書いてきていますが、ヒバクシャにはもう時間がないのです。
時間切れを計るようなまねはせず、もっと誠実さが感じられる基準にすべきなのです。
ε- (゚¬゚) ニャムー

ソースになった記事はこちら…
[PR]
by jiro_san | 2008-03-18 21:29 | 反核・平和について

「給付うらやましいか」 長崎の被爆体験者に“屈辱”質問

■嫉みを調査するなんて最低!!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!
中国新聞ニュース
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200803090313.htmlから一部引用
「給付うらやましいか」 長崎の被爆体験者に“屈辱”質問 ('08/3/9)

---引用開始---
 体に放射能の影響がないとして、被爆者と認められず別枠の特例援護事業を受ける長崎の「被爆体験者」たちが、二〇〇四年に行われた県と市の実態調査の面接で、既に医療費給付を受けた人をうらやましいと思うかどうかや、「こじきに金をやるのは反対」との考えに同意できるかどうかなどを尋ねられていたことが九日、分かった。

 一部の被爆体験者は「もともと被爆者とは援護面で差別されてきた上に、なぜあのような屈辱的な質問を受けなければならなかったのか」と今も反発。被爆者として認定を求め、長崎地裁に起こした訴訟の十七日の口頭弁論で、四年前に受けた屈辱感を陳述する予定。

---引用終了---

ヽ(`Д´)ノムキー
ちょっとぉ、何よこれ。

「お前ら援護が欲しいか?給付が欲しいか?」と上から目線で見ているのがありありと感じられます。

ヒバクシャに対して、すごく失礼じゃないですか。
ヒバクシャへの援護は、施しを受けるものじゃなくって、償いを受けるものでないといけないのに…
ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

調査担当の大学教授は「厚生労働省の調査でも同様の質問をしている」と言ってますが、弁解になりません。
むしろ、厚生労働省も一緒に、屈辱的な質問をしたことに対して糾弾されないといけないと思います。
(・ε・)プップクプー

それに「体に放射能の影響がない」といっても、放射能が体にどんな影響を及ぼすかは、まだまだ未知数なんです。
少なくとも、被爆してない人より何十倍もリスクが高いと思います。
じろーが思うに、被爆による精神的な影響(PTSD)や、社会的な不利益を考えれば、ヒバクシャ全員を補償して当然なのです。
法的な被爆者も、この記事で言う被爆体験者も、被爆した(ヒバクシャである)ことには変わりありません。

3月17日の原爆症認定集団訴訟のなかで、この屈辱的な質問について陳述される予定なので、
ヒバクシャの訴えに注目しようと思います。
ε- (゚¬゚) ニャムー

中国新聞の記事の全文はこちら…
[PR]
by jiro_san | 2008-03-10 23:14 | 反核・平和について

3.1ビキニデー…原水爆実験による被害を忘れない

■核兵器はいらない!!被害者を出してはならない!!
Excite エキサイト : 社会ニュース『焼津市から核廃絶訴え 3・1ビキニデー集会』[03月01日 17時42分](共同通信)から引用
http://www.excite.co.jp/News/society/20080301174227/Kyodo_OT_CO2008030101000434.html

---引用開始---
 太平洋のビキニ環礁で1954年、遠洋マグロ漁船の第五福竜丸が米国の水爆実験で被ばくしてから54年を迎えた1日、母港の静岡県焼津市で3・1ビキニデー集会が開かれ、参加者が核廃絶を訴えた。集会には全国から約1500人が参加。第五福竜丸の元乗組員大石又七さん(74)が「乗組員23人のうち12人が既にガンなどで亡くなった。大切な過去が忘れられないよう後世に事実を伝えたい」と話した。
---引用終了---

(´−`) ンー

あの事件が起きて54年も経つんですね。
ヒロシマ・ナガサキに原爆が投下されてから9年、再び“死の灰”の犠牲者が出た日。
第五福竜丸の23人の乗組員全員が被爆し、既に過半数の方が亡くなられています。
(´・ω・`)ショボーン

核兵器を実戦使用するために、または核兵器を開発するために、人命と環境を破壊していく…
その行為は、甚大な被害をもたらしてしまう、非人道的なものであることは、いまさら言うまでもないかもしれません。

今でこそ、臨界前核実験と言う形で表立った核実験はほとんど行われていませんが、核兵器を開発するという目的には変わりありません。
ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

このまま過去のこととして風化させるわけにはいかないのです。
「あやまちは繰り返し」てはいけないのです。

第五福竜丸の無線長だった久保山愛吉さんの遺言にあるように、
「原水爆による犠牲者は、私で最後にして欲しい」のです。

被爆地ヒロシマで生まれ育ったじろーも、これからも核兵器廃絶、平和をもとめて微力ですが活動して行こうと思います。
ε- (゚¬゚) ニャムー
[PR]
by jiro_san | 2008-03-01 21:31 | 反核・平和について

井原勝介さんがぁ…_| ̄|○ガックシ

■岩国市の民意は…

井原氏落選…

∑(!? ̄Д ̄)゚Д゚)・д・) エェーッ!!

じろーは信じていたのに…
岩国市民は、デマなんかに惑わされない、安心・安全な岩国市を望んでいるって。

井原さんを落選させた岩国市民(約4割弱)の態度に、じろーは正直幻滅しました…
(;´Д`)

お上の命令には逆らえないのでしょうか。
長いものには巻かれないといけないのでしょうか。
自分たちの生活の安心・安全を守るために、国の方針に反することをあきらめないといけないのでしょうか…

日本には地方自治、民主主義が根付かないのでしょうか…
(´・ω・`)ショボーン

そのほか…
[PR]
by jiro_san | 2008-02-10 23:55 | 反核・平和について

とうとう明日は岩国市長選の投票日です

■市民のあきらめない気持ちが勝つか、デマが勝つか

中国新聞のサイトより引用
激しい終盤戦 岩国出直し市長選、10日投開票 '08/2/9
http://www.chugoku-np.co.jp/iwakuni/News/In08020901.html
---引用開始---
 前市長の辞職に伴う岩国市の出直し市長選は十日、投開票される。米空母艦載機の岩国移転や財政再建のあり方などを争点に、無所属新人で自民党前衆院議員の福田良彦氏(37)と、無所属で前市長の井原勝介氏(57)が、街頭宣伝や演説会を重ね、激しい終盤戦を繰り広げている。

 福田氏は「岩国再生」を掲げ、経済界や移転容認派市議から支援を受ける。「最大のテーマは身近な生活の問題」とし、経済活性化や教育、福祉の充実を訴える。移転問題は容認の方向で国から財政支援を引き出す考えだが、「騒音、治安問題を受忍限度に抑える確約を取る」と条件を提示。国、山口県とのパイプも強調する。自民、公明両党から支援を受ける。

 井原氏は「移転問題が最大の争点」とし、反対の姿勢を強調。「住民の安心、安全を最優先に国と協議し、納得できるまで認められない」と主張する。また、市庁舎建設補助金を凍結した国の姿勢を厳しく批判。「地方自治と民主主義を守る戦い」と位置づける。「草の根運動」で支持拡大を狙う一方、民主、社民、共産の各党支持者からの支援も受ける。

 投票は、島しょ部の三カ所で九日に繰り上げて実施する。百四カ所は十日午前七時から始まり、うち五十二カ所は午後八時までの投票時間を二~三時間繰り上げる。開票は午後九時半から市総合体育館であり、同日深夜には大勢が判明する見通し。(広田恭祥)
---引用終了---

ε- (゚¬゚) ニャムー

この記事からも感じるのですが、福田候補はできるだけ「米軍再編」の問題を争点にしないように、争点をそらそうとしているように思えます。
一方井原候補は、「米軍再編」反対を強調し、住民投票により示された民意をもとに「住民の安心安全を守る」ことを訴えています。

二人の主張は反対…ではなく、争点が噛み合ってません。
(;´Д`)…

おそらく福田候補側は、争点を「米軍再編」で戦うと、住民投票の結果もあり福田候補が惨敗すると踏んでいて、争点をずらして支持を得ようとしているのだと思います。
そうして、「このままでは岩国市は夕張市のようになる」というデマを流して、市民の目をそらそうとしているのです。
(・ε・)プップクプー

なお、じろーがいろんな記事で読んだ限りでは、2人の候補による公開討論会も福田陣営が拒否したため、行われないままだったそうです。
(´_`).。o0(井原候補に論破されるから拒否したのかな…)

このことについて、もうちょっと考えて見ます(続き)
[PR]
by jiro_san | 2008-02-09 22:09 | 反核・平和について

岩国市長選で井原さん立候補正式表明

■岩国市民の民意VS政府当局の圧力

中国新聞ニュース
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200801040516.htmlから引用
岩国市長選で井原氏正式表明('08/1/4)

 米空母艦載機の岩国移転の是非が最大の争点となる2月の出直し岩国市長選で、辞職した前市長の井原勝介氏(57)が4日、正式に立候補を表明した。無所属で、政党や各種団体の推薦、支持は受けない方針。

 同市長選には、移転容認派の住民団体が擁立を決めた地元出身の衆院議員の福田良彦氏(37)=山口2区=が、5日に正式に立候補を表明する予定。両氏による一騎打ちの公算が大きくなった。

 井原氏は市内の後援会事務所で会見し、「これまで築いてきた岩国の民主主義と自治を守るため、市民とともに勇気を持って立ち向かいたい」と決意を述べた。

 艦載機移転にはあらためて反対の意思を示し、「アメとムチで市民の意思を抑えつけるのは到底納得できない」と国の姿勢を批判。国側に示した試験飛行など項目の交渉条件を基に「お互いに誠意を持って協議し、納得できる解決策を見つけるべきだ」と強調した。


立候補キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

井原勝介さんが正式に立候補表明しました。
じろーは、昨年書いた記事井原勝介さんの市長辞職について…

この辞職は、市議会に対してというより、国に対し、岩国市民の民意を示したいと言う思いがあったのかもしれません。
単純な市長VS議会と言う対立軸ではない、根本的なところを示したかったのかもしれません。


と指摘しましたが、それがハッキリしました。

この市長選の対立候補である福田良彦衆議院議員は、移転容認派の住民団体が擁立した形ではありますが、
別の見方で言うならば刺客なのではないでしょうか?
ε- (゚¬゚) ニャムー

この記事の続きはこちらです…
[PR]
by jiro_san | 2008-01-04 21:42 | 反核・平和について

井原市長は、市民の民意を再び国に示しそうとしています

■井原勝介市長には、岩国市民の民意がついているのです

中国新聞ニュース
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200712260294.htmlから引用
「民意問う必要」辞職めぐり説明 岩国市長が会見('07/12/26)

米軍再編に絡む空母艦載機移転に反対し議会と対立、辞職を表明した山口県岩国市の井原勝介市長は二十六日の市議会終了後、記者会見し自らの考えを説明。市長は既に移転の是非について「民意を問う必要がある」と出直し選挙出馬に意欲を見せており、再び艦載機移転を最大の争点とした市長選が実施される。
 移転推進派が多数を占める市議会は同日、総務常任委員会で、市庁舎建設補助金約三十五億円の穴埋めに合併特例債を充てるとした市長提出の補正予算案を否決した。同様の予算案提出は五度目。国は昨年十二月、市長の移転反対を理由に補助金をカットしていた。
 出直し市長選は、市議会での辞職承認後、市選挙管理委員会に通知があった翌日から五十日以内に実施。井原市長が再選された場合、任期は残りの二○一○年四月まで。
 井原市長は合併前の岩国市で昨年三月、移転の是非を問う住民投票を実施し、約九割が反対。同年四月の市長選では「移転案の撤回」を公約に推進派候補らに大差をつけて当選した。


∑(!? ̄Д ̄)゚Д゚)・д・) エェーッ!!

井原勝介市長も、ずっと行き詰まりを感じていたのでしょう。

先日じろーも参加した 12月1日の「国の仕打ちに怒りの1万人集会in錦帯橋」では、とても頼もしい挨拶をされていたのですが、その発言の裏では、相当悩んでいたのでしょう。
(´-`) ンー

今回、職を辞する覚悟で提出した五度目の予算案も、市議会に無残にも否決されてしまいました。
(´・ω・`)ショボーン

(´_`).。o0(なお、移転賛成派の議員が、艦載機受け入れを前提として、国からの補助金を盛り込んだ修正案を出し、予算自体は可決成立したようです)

そうして、辞職願いは議会で承認され、50日以内に市長選挙が実施されるのようです。
この市長選に、井原勝介市長も「民意を問う必要がある」と立候補へ意欲を見せています。
去年3月の住民投票と同じく、市民の判断を仰ぐことになります。
争点は去年3月の住民投票と同じ、空母艦載機移転の是非となります。

しかし、ふと疑問が生じました。
はたしてこの決断がベストだったんでしょうか?
(・ω・ )モニュ?

その疑問とは…(続き)
[PR]
by jiro_san | 2007-12-26 23:20 | 反核・平和について

「国の仕打ちに怒りの1万人集会in錦帯橋」に参加しました

■国の仕打ちは、許さん怒(ど)ー!!
予告していた通り、
「国の仕打ちに怒りの1万人集会in錦帯橋」
に参加してきました。
( 癶∀癶)
a0000559_052145.jpg


んで、会場は駐車場が足らないと思い、じろーは行きがけに実家によって、実姉が使っていた125㏄のスクーターに乗り換えて会場に向かいました。
...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪

しかーし、午前中広島県南部は曇りで、少々風も吹いていました。所によっては小雨も降っていました。
なので、バイクで移動するのは寒くてたまらないのです。
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

しかも、じろーが来ていたのはダウンでもコートでもない、フェイクレザージャケットだったのです。
せめてニットでも下に着ていけばよかったと後悔しながら、バイクを走らせていました。
...((((=×_×)ノ サブゥ…

それでも我慢をして国道2号線を西へ約1時間ちょっと、目的地の錦帯橋にたどり着きました。
ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

そうして、会場に向かって歩いていくと…
そこに見えたものは…

何が見えたのでしょうか…(続き)
[PR]
by jiro_san | 2007-12-01 21:21 | 反核・平和について