「じろー」の日常&種々雑感
by jiro_san
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
自己紹介

ハンドルネーム:じろー
生息地:広島市
職業(表)
 :医療・福祉系企業
職種(表)
 :事務員
職業(裏)
 :ミュージシャン
職種(裏)
 :ベーシスト


ツッコミ(コメント)要領

それぞれの投稿に積極的にツッコミ(コメント)を入れてください。
ルールは2つのみ。
1.じろーの戸籍上の名前は書かない
2.誹謗中傷は書かない

くれぐれもお気をつけください。おねがいします。また、掲示板
じろー所有の落書帳
にもぜひ足跡をつけてください。
こちらも、同様のルールです。


文章・画像について

ここに書いてある文章・画像の著作権は「じろー」にあります。画像も許可を得て掲載しております。無断転用はしないようにお願いします。
ライフログ

ジェリー・マリガン・クァルテット イン・コンサート


イパネマの娘


三月の水


CELLO SUITE 1.2.3.


Crystal Scenery


パターンズ・イン・ジャズ

その他のジャンル

懲りないJ-Castニュースによる悪印象工作記事

■またもJ-Castニュースによる植草さん叩きです
※コメントへのレスは、記事の一番最後に掲載してます。

じろーはここ2年、毎日仕事が忙しくて、最近ほとんどブログの記事を更新していなかったのですが、
この悪印象を与える歪曲記事を読んで、頭に血が上ってしまい、一気に記事を書き上げてしまいました。
ヽ(`Д´)ノムキー

J-Castニュースが、またも植草さんの悪印象を植え付ける記事を出したのです。
なお、下線を引いているところは、記事中の文書の引用です。
(´_`)。。o0(該当記事の全文は、一番下に掲載…)


まず、いかにも植草さんがセクハラ癖を持っているかのような記事の書き方をしています。
今回の毎日新聞相手の訴訟は、まだ地裁での判決が出ただけで、控訴して覆される可能性も十分あるのに…
(・ε・)プップクプー

それに、J-Castニュースが「前科」といっている04年の事件も、植草元教授側は「冤罪」と主張しているように、決して本人たちが認めているわけではないのです。
ε- (゚¬゚) ニャムー

さらに…

この判決を受けて、植草元教授は、「セクハラ癖」の解釈に不満があるとしながらも、

「基本的な主要部分で私の主張が認められており、妥当な判断が示された」

とのコメントを発表。


ヽ(`Д´)ノムキー
何ですか、この表現は。

これでは、あたかも植草さん自身がセクハラ癖があることを認めていると思わせるような文章じゃないですか!!
酷い、酷すぎる!!
ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

植草さんは、自身のブログの記事で(下線部は記事から引用)

「セクハラ癖」が存在したと認定した点に不満が残りますが

と原告コメントの中で書いているんです。

そして、植草さんの弁護団は…

何らの裏付けもなく掲載されたメディアの無責任な記事に対して、明確に損害賠償責任を認めた点ついては、高く評価できるものと考えます。

とコメントを書いているんです。

つまり、植草さん側は虚偽の事実を掲載した毎日新聞側名誉毀損を認定したことに対して評価しているのであって、決して「セクハラ癖」を認めているわけではないのです。
もちろん、セクハラ癖があるわけもないですし。
ε- (゚¬゚) ニャムー



J-Castニュースは、率先して植草さんに悪印象を与える歪曲記事を書いているのです。
この会社も、植草さんを快く思っていない人たちから袖の下をもらっているんじゃないかと、常々感じてしまいます。
(・ε・)プップクプー

じろーは、マスゴミだけでなく、ネットの中の記事も嘘があるという認識を改めて持って、記事を読んでいこうと思います。
ε- (゚¬゚) ニャムー

なお、じろー植草一秀さんは冤罪じゃないのか?と以前から記事で書いています。

(´_`)。。o0(例えば2006年10月4日の記事とか2006年10月17日の記事とか2007年1月19日の記事とか2007年1月22日の記事とか2007年10月24日の記事とか2008年4月16日の記事とか、2008年5月16日の記事とか…)

やはり、あまりにも大きな力が働いているんでしょうか…
(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル


以下、該当記事です。

『植草元教授「セクハラ癖はあった」 裁判所が認定した「過去」の事実』Excite エキサイト : 社会ニュース
http://www.excite.co.jp/News/society/20080910/JCast_26672.html

-----引用開始-----

電車内で女子高生に痴漢をしたとして東京都迷惑防止条例の罪に問われている植草一秀・元早稲田大学大学院教授(47) =1・2審で実刑、上告中=が、「サンデー毎日」の記事で名誉を傷つけられたとして訴訟を起こし、勝訴した。ただ判決では「セクハラ癖はあった」と認定。「性的な嫌がらせにより人間性を傷つける言動に及ぶ傾向があった」と断じている。

毎日新聞側に33万円の支払いを命じる
植草元教授の名誉を傷つけたとされたのは、毎日新聞社が発行する「サンデー毎日」2004年5月2日号に掲載された「女子高生のスカートの中をのぞいて御用 『不当逮捕』を主張する植草一秀センセイの『天国から地獄』」と題する記事。04年4月、植草元教授が品川駅のエスカレーターで女子高校生のスカートの中を手鏡で覗こうとして逮捕されたことを報じたものだ(この事件は、05年3月23日に東京地裁で「罰金50万円、手鏡1枚没収」(求刑懲役4カ月、手鏡1 枚没収)の判決が言い渡され、植草元教授側は「冤罪」と主張したものの控訴を断念。判決は確定している)。

植草元教授は、記事の内容で名誉を傷つけられたとして、07年4月、1100万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴。主に、記事中の以下の部分が問題とされた。

「親交のあるエコノミストが言う。『セクハラ癖があることは、業界では有名です』」
記事中の「業界」は、事件当時、植草元教授がエコノミストとして活躍していた業界、つまり金融業界を指すものとみられるが、植草元教授側は

「属する業界において有名になるほど、セクハラ癖の程度が著しく、周囲からそのような評価を受けている人物であるとの印象を与える」
と主張。一方の毎日新聞側は

「業界内に、セクハラ癖を知りうる人が多く存在したことを示すものに過ぎない」
と反論したが、「業界では有名」という部分が立証されなかったとされ、植草元教授側の言い分が認められた。その結果、08年9月8日に言い渡された判決では、毎日新聞側に33万円の支払いを命じ、1審は植草元教授側の勝訴という形で決着した。

「性的な嫌がらせにより人間性を傷つける言動に及ぶ傾向があった」
この判決で注目されるのは、「セクハラ癖」が事実だと認定されたことだ。判決文では、

「原告(編注: 植草元教授)は、16年事件(編注: 前出の04年4月の事件)を起こす以前にも、平成10年6月、電車内において女性の両膝をさわるなどしたという事実(10年事件)により迷惑防止条例違反被告事件より罰金5万円に処せられていることから(乙5)( 編注: 証拠資料の番号)、原告は、性的な嫌がらせにより人間性を傷つける言動に及ぶ傾向があったと認められる。したがって、原告にセクハラ癖があるとの事実は真実であると認められる」
と、植草元教授の前科から、「セクハラ癖があった」と認定している。判決では「セクハラ癖」の具体的な内容は明らかにされていない。だが、判決では、「前科」の根拠として、毎日新聞側が証拠として提出した、04年の事件の判決文を採用。04年の事件の判決文では、このように植草元教授を断罪している。

「被告人(編注: 植草元教授)には、平成10年6月に、電車内において女性の両膝をさわるなどしたという事実により罰金5万円に処せられた前科があることからしても、この種事犯に対する規範意識の低下は明らかである」
この判決を受けて、植草元教授は、「セクハラ癖」の解釈に不満があるとしながらも、

「基本的な主要部分で私の主張が認められており、妥当な判断が示された」
とのコメントを発表。一方の毎日新聞側は、判決を不服として控訴の構えだ。

今回の裁判では、植草元教授側の弁護士は6人なのに対し、毎日新聞側は4人。原告・被告ともに、ある程度力を入れた裁判だということが伺えるが、この「ガチンコ勝負」、「延長戦」に突入するのが確実な情勢だ。

-----引用終了-----

■コメントへのレス

 私のブログで、かつて植草事件の冤罪説を単に紹介しただけで、特にJ-CASTを非難したわけではなく、ただその記事にトラックバックしただけでしたが、その直後に当方を誹謗する専用ブログがわざわざ作成され、反論ではなく口汚く罵る内容でした。そしてそこにはユーチューブーのリンクがあり、これはデタラメの週刊誌記事を受け売りする悪質なワイドショーの録画で、出ているのは宮崎某らのこれまた下品な連中でした。
 この誹謗専用ブログの画面構成は、よくJ-CAST
がやってはひんしゅくを買う「誰々のプログ炎上」というのと酷似していました。ブログの画像が貼られている位置までまったく同じでした。
 具体的に誰の仕業かはともかく、よほどのこだわりがある人の行為ではありましょう。
 他にもJ-CASTは、橋下知事に府の職員が「あなた」と呼んだのを「あんた」呼ばわりしたという虚偽の記事を書いたこともあります。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-11 12:40


ruhiginoueサソキタワァ*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゜・*:.。..。.:*・゜゜・* !!!!!
いうこそよらっしゃいました。

じろーのヘナチョコブログへのご訪問、
(。´Д⊂)ありがとろです。

 ブログ及びHPを見させていただきました。医療裁判の当事者(原告)さんだったんですね。
ruhiginoueさんはテレビにも映った人で、しかも国家権力相手に闘ったお人なので、
当然快く思わない権力関係者がいたんでしょう。
 また、自分をオープンにして闘っていたがため、相手が攻撃するためのソースが多かったんでしょうね。

 J-Castニュースはホント、気をつけないといけませんね。もちろん、一般マスゴミ(TV・新聞)は言うまでもないですが…
(・ε・)プップクプー
[PR]
by jiro_san | 2008-09-10 20:42 | 時事朗漏