「じろー」の日常&種々雑感
by jiro_san
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
自己紹介

ハンドルネーム:じろー
生息地:広島市
職業(表)
 :医療・福祉系企業
職種(表)
 :事務員
職業(裏)
 :ミュージシャン
職種(裏)
 :ベーシスト


ツッコミ(コメント)要領

それぞれの投稿に積極的にツッコミ(コメント)を入れてください。
ルールは2つのみ。
1.じろーの戸籍上の名前は書かない
2.誹謗中傷は書かない

くれぐれもお気をつけください。おねがいします。また、掲示板
じろー所有の落書帳
にもぜひ足跡をつけてください。
こちらも、同様のルールです。


文章・画像について

ここに書いてある文章・画像の著作権は「じろー」にあります。画像も許可を得て掲載しております。無断転用はしないようにお願いします。
ライフログ

ジェリー・マリガン・クァルテット イン・コンサート


イパネマの娘


三月の水


CELLO SUITE 1.2.3.


Crystal Scenery


パターンズ・イン・ジャズ

その他のジャンル

記事を盗用された有名ブロガーが、実は植草さんへ対する捏造(妄想)記事の疑惑?

■ちなみに、このことは有名ブロガーのブログでは一切触れていないそうです

福島中央テレビ:男性アナ、局HPコラムでブログを盗用
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080525k0000m040052000c.htmlからの引用です。

-----引用開始-----
福島中央テレビ:男性アナ、局HPコラムでブログを盗用

 日本テレビ系のローカル局「福島中央テレビ」(本社・福島県郡山市)は24日、大野修アナウンサー(38)が同局の公式ホームページ(HP)で連載しているコラムで、他人のブログからの盗用があったと発表した。大野アナは「閲覧しているうちに自分の経験と重なった。盗用と言われても仕方がない」と謝罪しているという。

 会見した寺島祐二・報道制作局長らによると、盗用があったのは「アナウンス室日記」の中で、大野アナが同日掲載した「日本ブランド」と題するコラム。盗用は、週刊誌などに連載もある証券マンブロガー、ぐっち-さん(47)のブログからで、題名のほか、文章の細部の表現まで同じだった。ぐっち-さんのブログの閲覧者が同局に抗議して発覚。他にも数件、盗用の可能性があるという。

 大野アナは夕方のニュース番組のメーンキャスターを務め、週1回コラムを連載していた。これに対し、ぐっち-さんは「ほとんどをコピーしたもので罪は深い。著作権の問題もあり、訴訟を提起する」と話している。

 寺島局長は「表現者として最も恥ずべき行為。処分については社内規定に照らし、厳正に対処する」と話した。【坂本智尚、松本惇】
-----引用終了-----
( ´_ゝ`)フーン

ブログにも著作権が存在します。
(´_`)。。o0(じろーの拙いブログももちろん…)

局アナであろうと、アイドルであろうと、政治家であろうと、盗用は(・A・)イクナイです。

「ぐっち-」さんって人は訴訟を起こされるようで、今回の事件では被害者です。

しかしこのブロガーは、実はある事件についてとんでもない捏造(妄想)記事を書いているらしいのです。
(・ω・ )モニュ?



それは、植草一秀さんの事件に対することです。

この人「ぐっち-」さんは、自身のブログの中で、植草さんの事件がおきた翌日・翌々日に「いかにもな話」「植草一秀君ー2」という記事をアップし、そのなかで事実とはまったく異なる捏造(妄想?)の記事を書いたそうなのです。
ヒドイ!!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

これは、事件に巻き込まれた植草一秀さんが、自身のブログのなかで記事を書かれています。
該当の記事は( ・∀・)つこれです。

「ぐっち-」さんは結構有名な人気ブロガーなんだそうですが、そんな人がこんな捏造(妄想)記事を書くと、ネット社会にカナーリ影響が出るのは明々白々でしょう。
もちろん、それを狙って記事を書いたんでしょう。

タイムリーな話題で、ブログのアクセス数を増やすためとはいえ、捏造は(・A・)イクナイです。

じろーは、マスゴミだけでなく、ネットの中の記事も嘘があるという認識を改めて持って、記事を読んでいこうと思います。
ε- (゚¬゚) ニャムー

なお、じろー植草一秀さんは冤罪じゃないのか?と以前から記事で書いています。

(´_`)。。o0(例えば2006年10月4日の記事とか2006年10月17日の記事とか2007年1月19日の記事とか2007年1月22日の記事とか2007年10月24日の記事とか2008年4月16日の記事とか…)

やはり、あまりにも大きな力が働いているんでしょうか…
(´−`) ンー
[PR]
by jiro_san | 2008-05-26 23:09 | 時事朗漏