「じろー」の日常&種々雑感
by jiro_san
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
自己紹介

ハンドルネーム:じろー
生息地:広島市
職業(表)
 :医療・福祉系企業
職種(表)
 :事務員
職業(裏)
 :ミュージシャン
職種(裏)
 :ベーシスト


ツッコミ(コメント)要領

それぞれの投稿に積極的にツッコミ(コメント)を入れてください。
ルールは2つのみ。
1.じろーの戸籍上の名前は書かない
2.誹謗中傷は書かない

くれぐれもお気をつけください。おねがいします。また、掲示板
じろー所有の落書帳
にもぜひ足跡をつけてください。
こちらも、同様のルールです。


文章・画像について

ここに書いてある文章・画像の著作権は「じろー」にあります。画像も許可を得て掲載しております。無断転用はしないようにお願いします。
ライフログ

ジェリー・マリガン・クァルテット イン・コンサート


イパネマの娘


三月の水


CELLO SUITE 1.2.3.


Crystal Scenery


パターンズ・イン・ジャズ

その他のジャンル

ガソリンは、灯油用のポリタンクに入れちゃ駄目!!

■なぜなら、ガソリンは危険物だから
4月1日にガソリン税の暫定税率が期限切れを迎えて、めでたくガソリン価格が下がりましたぁ。
∩(´∀`∩)ワショーイ

しかし、政府与党は今月末にも衆議院で再可決を図ろうとしています。
(・ε・)プップクプー

じろーもガソリンを入れるのを我慢していました。
安いうちに入れておかないとね。
( 癶∀癶)

しかーし、ここに来て安いガソリンを今のうちにストックしておこうと考えるお方が出てこられています。
そして、それを灯油用のポリタンクに入れようとする人がいるようですが…

実は、これは一つ間違えば消防法違反なんですね。
( ´_ゝ`)フーン



というのは、プラスチックの容器に入れる場合は、ガソリンは10㍑以下と消防法決まっているんです。
しかも、

しかも、ガソリンはとても揮発しやすいので、取り扱いを間違えると、静電気でも発火して爆発的に燃焼するんです。
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

そんなわけで、ガソリンスタンドのなかには、例え金属性の容器に入れようとしても、給油を拒むところがあります。
安全性に責任がもてないからのようです。
セルフスタンドでも、店員が常に見張っていますので、見つかったら怒られます。

ちなみに、( ・∀・)つこのチラシも参考にしてみてください。

じろーも危険物取扱者の免状を持っています(乙4・乙6)が、逆に引火の怖さを勉強しているので、躊躇します。
それに、免状を持っていても、店員が注がないと容器へのガソリン販売は駄目なようです。
(´−`) ンー

政府与党は暫定税率を再度かけようとしていますから、買いだめすること自体はじろーは何も言いませんが、
ガソリンの危険さを重々承知の上で、金属製の容器に、法律の範囲内の量でおながいします。

ガソリンは、立派な危険物なのですから。
ε- (゚¬゚) ニャムー

っていうか、そもそもは…

政府与党が暫定税率を再度課そうとしなければ、こんな心配しなくて良いんです。
ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

政府与党は、ガソリンの事故を防ぐためにも、暫定税率復活はあきらめるべきです。

------------------------------------------
以下、ソース記事です。

Excite エキサイト : 政治ニュースhttp://www.excite.co.jp/News/politics/20080404110000/Economic_pol_080403_014_4.htmlから引用
---引用開始---

ガソリン、軽油買いだめ 灯油用ポリ容器は厳禁 [ 04月04日 11時00分 ]

 道路財源関連などの暫定税率が今月1日失効したのに伴い、ガソリンや軽油価格が値下がりしたのに伴い、需要が伸びているが、政府・与党が、暫定税率の復活を表明していることから、復活前にガソリンや軽油をストックする動きが消費者に出てくることが考えられ、消防庁では「買いだめに関する防火安全上の注意」を呼びかけはじめた。

 特に、容器については「灯油用ポリ容器(20リットル)にガソリンを入れることは非常に危険なため行わないよう」警鐘するとともに、ガソリンや軽油を入れる容器は消防法令により、一定の強度を有することが必要で、容器の材質により容量についても制限されていることの周知をはかる。

 ガソリンや軽油を入れる容器は金属製容器(60リットル以下)か、金属製ドラム缶(250リットル以下)を使用。プラスチック製容器の場合、ガソリンは10リットル以下、軽油は30リットル以下となっている。

 消防庁によると、ガソリンは気温がマイナス40度でも気化し、小さな火源で爆発的に燃焼する。軽油は40度で気化するという。ガソリンの蒸気は空気より重いことから穴やくぼみに溜まりやすく、ライターなどの火や静電気などによっても引火する危険性がある。軽油も一旦火災が発生すると大火災になる危険性があるため取り扱いを守るよう警告している。また、セルフスタンドでは利用客が自らガソリン容器にガソリンを入れることは禁止されている。このほか、ガソリンでは40リットル以上の場合や軽油では200リットル以上の場合には保管においても保管場所の壁、柱、床、天井が不燃材料であることなどの条件があり、消防法令に適合しているかどうか注意が必要。詳しくは地元自治体へ相談を。

---引用終了---
[PR]
by jiro_san | 2008-04-05 06:07 | 時事朗漏